保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育士のアルバイトとして採用されるには

投稿日:2017年10月6日 更新日:

保育士の仕事は人気があるので、アルバイトをしてみたいという方は案外多いですよね。保育園で働くには、保育士資格を必要としますが、施設によっては、資格を持っていない方も働いています。担任を持ちたい、責任ある仕事をしたいという方は、保育士資格を取得して正社員としては働かれている方が多いかと思います。しかし、子育て中のお母さんやブランクのある方はそうもいきません。そういう方の場合、長時間働くのは色々な問題があるので、アルバイトとして働いている方も多いです。

最大のアピールは融通がきくこと

仕事をする時に重要になるのは、どの時間帯に働くとよいか知っておくことです。保育士の仕事は小さな子どもを預かるわけですから、子どもの行動に合わせて仕事が発生します。特に、朝と夕方の時間帯が忙しく、こういった忙しい時間帯に働いて欲しいと求められることが多いです。求人に応募をする時はそういう点を理解して、忙しい時間でも働ける事をアピールするといいです。何らかの事情があって難しい場合は別ですけど、昼以外の時間でも働けるアピールはメリットがあります。採用されやすくするためには仕事に融通がきくと説明して、相手に納得してもらう事が大事です。説明する時は特定の日に働けるとはいわず、一週間の内数日働けるといったほうが好印象を与えます。仕事ができる時間帯も遅い時間までできるといっておくと、採用されやすくなるので効果的です。子どもを預かるこの仕事は子どもを帰すまで働くので、遅い時間まで仕事をする事が多いです。そういう特徴があるので残業ができるとアピールすれば、採用されやすくなるのでメリットがあります。アルバイトで働く時は実際に行う仕事を理解しておくと、スムーズに働けるので上手く行きますよ。

アルバイトの仕事内容

アルバイトの場合は書類を書くことは少なく、保育補助業務や雑用がメインとなってきます。書類を書くのはある程度立場が必要なので、アルバイトで働く場合は機会が少ないです。それよりも子どもたちの相手を頼まれやすいですから、そういうことに慣れておく事が大事です。

他の点で重要になるのは仕事内容です。時間帯や子どもの年齢の違いによって大きく変わってきます。仕事の内容は面接などの時に聞けば教えてくれますが、採用されやすいように、求人にあったアピールをするためにも、事前の下調べは大事です。実際の仕事はそれほど難しくはありませんが、場合によっては変わった仕事をする事もあります。そういうこともよく考えておかなければいけないので、事前の確認は重要です。

アルバイトの仕事は、あまり重要なことを任されることは少ないでしょう。仕事も簡単なものが多いですから、働く負担そのものは小さい所があります。しかしその分仕事先の人間関係が希薄で、仕事内容も単純なのでやりづらい所もあります。仕事のブランクを解消することや、何らかの事情で長期間働けない時は効果が高いです。そういうメリットはあるのですけれど、仕事をして能力を向上させるのにはあまり向いていません。もしそういうことをしたいのならばアルバイトをして、正社員になれるように努力するのもいいです。

ある程度働けば正社員になれる所もあるので、長期的に働きたいならばそういう求人を選ぶのも手です。成功するためには仕事の特徴を把握して、それに合った形で働けば上手く行きます。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.