保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

英語で保育の内容-コミュニケーション能力の育成

投稿日:2018年7月30日 更新日:

英語で保育をすることには、賛否両論があります。しかし、コミュニケーション能力を高めるきっかけになることは、間違いありません。日本人はコミュニケーション能力が高い方ではありません。その一番の理由は、日本語という閉じられた世界の中で、生活しているからです。日本にいれば、日本語が通じます。ほとんどの日本人は、日本語を理解できるので、自分の話し方に工夫をする必要はありません。曖昧な言葉でも、通じるのが日本の社会です。

コミュニケーション能力は欧米で重要視されている

コミュニケーションの力は、曖昧に言葉を使っていても伸びることはありません。自分の使う言葉を意識して、効果的に使う必要があります。アメリカのような欧米の社会では、これが重視されています。

英語で保育をすれば、意識的に言葉を使えるようになります。英語は日本語とは全く異なる言葉です。発音も語彙も文法も異なっています。そのために、子どもは無意識に覚えている日本語を使うことができません。意識しないと、言葉をうまく操れないのです。
とは言っても、最初から難しい単語や表現を覚える必要はありません。そんなことをしたら、子どもは外国語嫌いになってしまいます。最初は基礎を覚えることが大切です。発音や基本的な単語を身に付ければ、外国語に親しめるようになります。
発音が特に大切ポイントです。日本語とは全く異なっているので、努力して体で覚えなければなりません。口の形を意識して、きちんと発音できるようにする必要があります。このように自分の言葉の発し方を意識することで、コミュニケーションの能力が上がっていきます。

日本語の能力を伸ばしつつ、外国語を学ぶことが必要

日本語も大切です。日本語を土台にして覚えないと、あやふやな語学力を身に付けることになってしまいます。現代のようなグローバル化した社会では、一つの言葉だけ使うわけにはいきません。日本のような国だったら、それがある程度可能ですが、他の国に行けば、2、3の言葉を並行して使わなければならないことがあります。日本語の能力も伸ばしつつ、外国語を学ぶことが必要になります。そのためには、日本語と他の言葉の違いに、敏感になることが求められます。このような言葉の違いが分かるようになれば、外国の人が話す言葉を尊重できるようになります。

あやふやな表現は使わない

相手を尊重することが、コミュニケーションの一番の基礎です。相手の言うことに真剣に耳を傾けなければ、意思の疎通はできません。日本語だったら、子どもさえも無意識に覚えているので、やや曖昧なコミュニケーションが成立することがあります。しかし、外国語の場合は、あやふやな表現を使っても、相手に自分の意思を伝えられないことが多いです。保育の時に外国を使うようにすれば、このコミュニケーションの難しさが分かるようになります。外国人と意思の疎通をする時は、自分の言いたいことをしっかりと伝える必要があることを、子どもの時から理解するのは、子どもの将来のプラスになります。

自分に自信を持つ

コミュニケーションの能力を高めるには、自分に自信を持つことも必要です。英語を使って、それが相手に伝われば、子どもは自分に自信を持てるようになります。自信を持つことで、子どもは自我を持てるようになります。自我が強くなると、わがままになってしまいますが、それがないと外国の人と意思の疎通はできません。日本人は、自己主張が苦手だとよく言われます。その理由は、しっかりとした自我を持っていないからです。言葉の学習を通して、自分に自信を持てるようになれば、しっかりとした自我を持てるようになります。これが大人になってからの、コミュニケーションの基礎になります。

簡単な言葉であっても、外国語だったら、覚えるのは容易ではありません。しかし、子どものうちから覚えておけば、中学生以上になった時に楽になります。コミュニケーション能力は、少しずつ伸びていくものです。大人になってからも伸ばすことはできますが、時間がかかります。また大人の脳は、子どもの脳にくらべて柔軟性を欠いているので、語学も伸びにくい傾向があります。

ネイティブな発音で学ぶ

保育の際は、できるだけネイティブに教えてもらった方が良いでしょう。ネイティブの方が、きちんとした発音ができます。子どもの時から使っている言葉なので、自然に教えることが可能です。日本人の先生も必要です。日本人がいないと、ネイティブの話すことが全く理解できないことがあります。日本語がよくできるネイティブに教えてもらうのが理想ですが、それができないこともあるでしょう。そんな時は、日本人の先生が大切になります。

コミュニケーション能力を伸ばすためには、親も協力する必要があります。保育園だけで勉強しても、語学の力は伸びません。長い時間をかけて家で勉強する必要はありません。しかし、復習は大切です。保育園でどんなことを習ったのか家で子どもに聞いてみましょう。聞くことが復習になり、子どもの頭に入りやすくなります。子どもの復習に協力するためには、親もある程度英語を勉強しておく必要があります。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.