保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育のバイトのメリット

投稿日:2018年1月23日 更新日:

子どもと接する保育には、様々な魅力や検討に値する価値が存在しています。

例えば、子どもと関わり合うのが仕事の基本なので、子ども好きにとってやり甲斐を感じられる点が魅力に挙げられます。

勿論、仕事なので楽しいことばかりではありませんし、子どもの現実が理想と離れていると感じる恐れもあるでしょう。

しかし、貴重な経験ができるのは事実なので、子どもと真剣に向き合う気持ちがあるなら、仕事の一つに検討してみることをおすすめします。

働き方の自由度の高さと安定した収入

保育のバイトの現実的なメリットとしては、やはり働き方の自由度が高く、働きたい時間に合わせて調整してもらえることです。相手にも都合はあるので、希望通りの働き方ができるとは限りませんが、希望に近い結果が実現する可能性は十分にあります。

また、もう一つ現実的な視点で捉えると、安定した収入源に結び付くメリットにも気が付けるので、子どもが好きならこの仕事を前向きに考えてみましょう。

雇用形態がバイトである以上、責任が問われる重要な仕事は任せられませんが、困っている保育士を補助する役割を担えます。任せられるのが子どもに関する部分的な仕事であっても、子どもの行動を見守る状況の把握や、臨機応変な対応力は求められます。基本的に、子どもは元気で大人には思い付かない行動をする場合がありますから、毎日飽きずに充実した仕事が行えるはずです。子どもと交流するこういった日々の経験は、将来の育児や教育に役立つので、子育ての予行練習をする機会にもなります。

当然ながら仕事なので、自分の子どものように接するわけにはいきませんが、大切な子どもの世話をして健やかに日々を過ごせるようにする、という限りなく親に近い役割は与えられます。
子どもを相手にする仕事にはやり甲斐があるはずですし、仕事が思った通りに上手くいかず、工夫して乗り越える必要のある場面も現れるでしょう。

仕事仲間と協力することが欠かせないので、それなりのコミュニケーション能力は求められますが、必要なやり取りさえ行えれば問題がないのでハードルは低めです。つまり、人付き合いに自信がないとしても、ある程度のコミュニケーション能力があれば働けます。具体的にどの程度と断言するのは困難ですが、面接でちゃんとした受け答えができて、質問に的はずれな回答を行わなければ大丈夫です。

報酬を得ながら子どもを理解するチャンス

保育は子育て能力を鍛えるのに最適の機会ですから、これが仕事で収入も得られるとなれば、大きなメリットが感じられるのは疑いようのない事実です。バイトなので、長期的に仕事ができる保証はありませんが、これは逆に都合に合わせて何時でも辞められることを意味します。将来的に資格の取得を目指すのであれば、仕事は自由に働ける方が都合が良いですし、時間に融通が利くので働き方の自由度の高さが魅力になります。

子どもを相手にする保育は、例えそれがバイトでも子どもを理解するチャンスに変わり、大好きな子どもと接しながら報酬を得られるのが何よりも大きなメリットです。

子どもという生きている相手と関わる仕事なので、そういった仕事が苦手な人にはとことん向きませんし、子ども嫌いだと仕事のハードルは一気に高くなります。ただ、子ども嫌いを克服したいと考え、前向きに挑戦する意思がある場合はこの限りではありません。子どもと向き合う姿勢は問われますが、本気で関わって人間的に成長したいと考えるなら、役割と責任を理解した上で挑戦するのはありです。

保育は子どもと向き合える経験の場ですから、これをバイトにできるのは幸運なことですし、子どもから多くを学べるメリットにも繋がります。反対に、子どもが好きで好きで堪らない時は、子育てと両立して働ける他にない魅力的な場になります。子育てが落ち着くと、忙しかった日々が一段落するので、今度は物足りなさを感じて時間を持て余してしまう人が少なくありません。子どもが成長して、何かに挑戦する余裕が生まれた場合は、子育てを再チャレンジする意味で仕事にしてみるのも良いでしょう。

子育ての経験が仕事に活かせますし、現場は経験者が居れば心強いと考えますから、面接を受けて採用される確率は高いと思われます。余った時間が活用できて収入が得られる、しかも子育ての物足りなさを埋めてくれるので、子ども好きにはこれ程までにない天職です。

一般的な子育てと違う点は、預かる子どもと異なる立場で、より客観的な視点で接する機会となることです。実の子と他人の子どもが色々と違うのは当然ですし、性格が変われば好みも異なるものです。そこには新たな発見がありますから、子育てをもっと深く知りたいなら、他人の子どもを預かる仕事に挑戦してみましょう。

短期の雇用なら資格は要りませんし、資格を保有していれば報酬アップの可能性が高まるので、資格の有無に関係なくどちらにもメリットがあるといえます。バイトなら高校生でも働けるので、子育てが無縁の10代にとっても、将来的に役立つ貴重な経験になります。

常に人材が求められている仕事なので、思いの外年齢がハードルになることはありませんから、年齢的な意味で何時でも働ける仕事としても評価できます。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.