保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育園で働いていると言えば男性受けが良くなる!?保育士バイトのメリット

投稿日:2018年2月16日 更新日:

近年では子どものいる家庭の女性が社会に出たいと思っても、保育園が満員であるために子どもを預けることができず、その空きを待っている状態の待機児童が増加しているという話をしばしば耳にします。保育園自体の数が足りていないことと共に、待機児童が増えている理由の一つとなっているのが、保育の現場では人手不足となっていることです。つまり、入園を希望するすべての子どもに対応するだけの保育士の数を満たすことができないのです。その原因としては、保育士の資格を持っているのに、労働環境が厳しいわりに賃金が低いことや、モンスターペアレンツが増えている中で、幼い子どもの保育という大きな責任を負う仕事に尻込みしてしまうことなどの理由から、仕事に就いていない人が多いことを挙げることができます。

そういった中で、保育士のバイトに対する需要が大きくなっています。もちろん資格があればそれに越したことはないのですが、実は資格を持っていない人でもバイトであればその仕事を行うことが可能で、多くの場合保育補助として、正社員の補助を行うことになります。

保育士バイトのメリット

保育士のバイトにはいくつかのメリットがあります。その例としてまず挙げられるのは、正社員と比べると労働時間が短かったり、時間的にある程度の融通が利きやすかったりするので、働きやすいという点です。そのため、一日中忙しく動き回るだけの体力があるかどうか自信が持てない人、他の仕事をしながら保育に携わりたい人、自分自身も子育てをしている人など、色々なタイプの人が働ける可能性があると言えるでしょう。

また正社員であれば、そこの職場で働き続けるのが厳しいと感じる理由があったとしても、なかなか職場を変えるという決断は下しにくいでしょう。しかし正社員でなければ、そういった精神的な足かせを感じることが少ないでしょうし、また全体的に保育の現場が人手不足だということからすると、次の職場を見つけるのもそう困難ではないと言えます。

子ども相手の仕事を将来本格的にしていきたいと思っている人は、そのために役立つ知識と経験を、現場で実際の子どもたちと接する中で身に付けることができます。さらに自分自身のスキルアップを図りたいと思えば、働きながら保育士の資格を取るための勉強をするという選択肢もあります。もしそれに合格できれば、それまでの間に働いている保育園で、正社員として雇ってもらえる可能性もあるはずです。また、そこまでしっかりとした将来のビジョンがなく、子どもが好きなので保育の仕事についてみたいとは思っているけれど、実際に自分が子どもの相手をきちんとできるかどうかが不安だったり、その職業に向いているかどうかが分からないという人が、言ってみればお試し感覚で働けるという点もメリットの一つとなるでしょう。例えそうやって働く中で、自分には無理だと思ってその仕事を断念したとしても、自分が将来子どもを持った場合にその経験が大きく役に立つことが考えられるので、決して無駄ではないはずです。

さらに、女性は保育園で働いていると言えば男性受けが良くなって、良い出会いのきっかけとなることが期待できます。この点については不真面目だと考える人もいるかも知れませんが、そういった動機で保育園で働き始めた人が、その仕事の魅力に気付いて本格的に働こうと思うきっかけになる可能性もあるので、頭から否定する必要はないでしょう。

保育士バイトのデメリット

保育園でバイトをすることにはそのようなメリットがある半面、残念ながらいくつものデメリットがあることも、働き始める前に知っておいた方が良いでしょう。その代表的なものとして挙げられるのが、正社員と比べると給料が安いという点です。この場合には基本的に時給という形で給料をもらうことになりますが、その金額は高くても一時間千円前後だと言われています。その金額は、仕事の大変さから考えると割に合わないと考える人は少なくないでしょう。また正社員と違ってボーナスはもらえませんし、また時給を上げてもらえることも少ないでしょうから、嫌になって辞めてしまう可能性は決して低くないと言えます。

また正社員の補助として働く場合が多いことから、実際に子どもと接することができると期待して働き始めたのに、掃除や後片付けといった裏方的な仕事ばかりさせられる場合もあり得ます。さらに特定の正社員の補助として働く場合には、その人との人間関係で問題が生じる恐れもあります。正社員の中にはバイトを自分より下の立場だと考えて、横柄な態度で接する人や、自分の考えを全面的に押し付けてくる人もいるからです。ただこの点に関しては、補助することになる相手との相性の問題なので、働き始める前から気にしていても仕方がないと言えるかも知れません。

このように保育士のバイトにはメリットもあればデメリットもあるので、後で後悔しないためにはそれらを総合的に考慮して、自分がそれを始めてみるべきかを決めることが望ましいと言えるでしょう。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.