保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育士の仕事を通じて身に着くスキルや経験

投稿日:2018年2月23日 更新日:

保育士として働いていると、他の職種とは違った経験ができますし、いろいろなスキルも身につきます。今後、保育士として働き続ける場合はもちろんですが、それ以外の仕事をする時にも役に立つことでしょう。

コミュニケーション能力が身に付く

他の多くの職種においては、接する人は特定の年齢層や性別に限られています。それに対して保育の仕事ではさまざまな人と接することになるでしょう。生まれたばかりの赤ん坊から小学校に入学する前の子どもまで世話をするので、子どもの心理が分かるようになりコミュニケーションを上手に取れるようになります。同僚の保育士のなかには自分と同じ年齢層だけでなく、若い人や年配の人も少なくありません。そのような人たちと協力していくことにより、年齢に関わらず協力するスキルが磨かれていきます。

さらに保護者の年齢も非常に幅が広いです。とても若い夫婦もいれば、祖父母が送迎を担当しているケースもあります。保護者はお客様に相当するので、敬語を使って丁寧に話さなければなりません。さらに年齢や性別を考慮したうえでコミュニケーションをとることも大切です。自分が常識だと考えてていることでも、相手がそう考えているとは限りません。世代や性別によって考え方には大きな違いがあります。このように様々な人たちと毎日接することになるので、いつの間にか高いコミュニケーション能力を身に付けているケースが多く見受けられます。

演技力が養われる

演技を行うスキルが身に付きやすいのもこの仕事の特徴です。子どもたちに紙芝居を読んだり演劇を見せたりする機会がとても多くあります。最初は恥ずかしくて上手ににできないこともありますが、次第に慣れていって堂々と行えるようになるでしょう。いつでも笑顔を作る技術が身に付き、ダイナミックな動きもできるようになります。後ろのほうに座っている子どもが聞き取りやすいように、大きな声を出す習慣も身に付きやすいです。このような経験を積み重ねることで、内気であるコンプレックスを解消できるケースも多いと考えられます。このように演技力が磨かれることは、メンタルが強化されることにもつながっているのです。

また演技をするだけでなく、子どもたちに演技の指導をするケースも多くあります。どの保育所であっても、お遊戯会で子どもたちが劇をする機会があるはずです。子どもたちが上手く演技をできるように、優しく教えてあげる必要があります。それだけでなくストーリーや台詞を考えたり、音響やライトの設定などを考えることも多いです。このように演技関連の総合的な知識やスキルを身につけるチャンスに恵まれやすいです。

リズム感が養われる

小学校の授業内容にダンスが取り入れられたことにより、保育所でもダンスを行うケースが増えています。特に保護者に披露する行事を行うときは、子どもと一緒に踊るケースがよくあります。ダンスを子どもたちに教えるために何度も踊る必要があるだけでなく、ダンスの内容を創作する仕事も担当することになるでしょう。そのようなことを毎年行っていると、リズム感が養われてダンスが上手になりやすいです。

ダンス以外にも音楽と触れ合う機会はたくさんあります。毎日のように歌ったり楽器を演奏したりするのが一般的です。自分の歌や演奏を子どもたちに聴かせることが多いですし、子どもたちに歌い方や演奏方法を指導することも仕事に含まれています。繰り返しているうちに、ピアノを演奏しながら歌うなど高度なことも普通に行えるようになるでしょう。このようにダンスや音楽に関わる技術も磨かれるので、将来的にそのような道に進みたい人にもおすすめです。

子どもに関する深い知識を身につけることができる

保育士の仕事はいろいろなスキルを習得可能ですが、やはり子どもに関する深い知識を身につけられるのが最大のポイントといえます。保育で身につけた子どもに関する知識を活用できる仕事は多く存在します。たとえば子どもの体格を把握することに慣れているので、子ども用の衣服を販売する店員としても働きやすいでしょう。子どもの現在の体格だけでなく成長も予測したうえで、それに合った衣服をお客様に提示できます。

また近年は知育玩具の販売や開発がとても活発です。そのような開発の現場では、子どもに関するノウハウが豊富な人材が求められています。子どもの様子を見て適したものを勧められるだけでなく、開発の部門でも力を発揮できる可能性が高いです。幼い子どもに楽しく学ばせるのは、どのような趣向が適しているのかを考えなければなりません。保育士の仕事を通じて、そのようなノウハウを持っていることは大いに評価されるでしょう。これからは少子高齢化の時代であり、子ども一人ひとりに対するアプローチが大切になってくると予想されます。そのときに子どもと長く接してきた経験は今以上に価値のあるものになります。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.