保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育士のアルバイトの仕事とは?

投稿日:2018年1月4日 更新日:

幼児を預かる保育所などでは、専門知識がある保育士が働いており、雇用形態としてアルバイトも選べます。自分が希望する曜日と時間帯にだけ働けるとあって、社会経験を積みたい現役の学生から家庭を守っている主婦まで、バラエティ豊かな人材が揃っているのが特徴です。共働きによって女性の社会参加が進んでいることから、保育サービスの需要はどんどん増加しています。

保育士のアルバイトを募集しているのは、各地にある保育所、商業施設の託児所、幼い子どもを預かる可能性がある施設と様々です。保育所が主な勤務先ですが、経営者の考えによって環境が大きく違うので、現地を見てから応募することをお勧めします。仕事の内容は正社員とほぼ同じであり、朝の子どもの受け入れから夕方の保護者への引き渡しまで、お世話と書類の作成を行っていくのが普通です。

無資格でも応募できる保育士の求人はある

保育に関する資格を持っていると、求人に応募した時に採用される可能性が高くなります。安心して子どもを任せられる点では、すでにどこかで保育の経験がある方も高評価です。この場合の経験は、家庭内での育児も含まれますが、基本的に仕事として行っていたことを指します。スタッフの人数が多い施設では、無資格でも信用できる人物なら雇うケースがよくあるので、諦めずに自分が応募できる求人を探してみましょう。無資格でアルバイトをすると、有資格者の補助がメインになり、正規の保育士だけでは手が足りない部分をフォローしていくのが一般的です。

預かっている幼児は、年齢が上になるほど活発に動き回るので、その周辺に危険な物がないのかのチェックが欠かせません。人手不足の時間帯が発生してしまうと、事故の原因になってしまう恐れがあるため、どの保育所でもアルバイトによって一定の人数を維持しているのです。正社員と同等の仕事を行うだけあって、他の職種よりも高めの時給になっています。子どもとよく接している女性が多く活躍している分野で、すでに実績がある学校からの紹介で働いている学生もよく見られます。

高額の時給が目当てで応募する方も大勢いますが、成長途中の幼児を預かることから、体力と頭脳の両方を使う仕事です。保護者とのコミュニケーションも重要で、その日の行動がどうであったのかもノート等で伝えなければいけません。子どもが動き回っている時は、そちらが優先になるので、お昼寝をしている間といった隙間時間で手早く事務をこなしていくのが、よくある光景です。

保育士のおしゃれは派手になりすぎないように気をつける

保育士は親しみやすい雰囲気と恰好が求められる職業だから、勤務中はネイルなどのオシャレが制限されています。長い爪や硬いアクセサリーによって怪我をさせてしまう可能性があるため、大部分の施設において就業規則で禁止しているのが実情です。保護者も髪型などが派手ではないスタッフを好む傾向にあるので、保育士のアルバイトを選ぶ場合は全体的に地味な服装にする配慮も求められます。勤務中は全てにおいて子どもを優先する職場だから、子どもと接することが楽しい方に向いている環境です。自分の適性を確認するために一度働いてみるのも有効な方法で、その経験によって本当に自分がやりたいことを理解できた学生もいます。

保育士のアルバイトは主婦との相性がバッチリ

保護者が不在の間に子どもを預かるサービスの性質上、仕事がある平日に稼働日が集中しており、週末などの休日にはあまり募集がありません。正社員だけで手が足りる休日は、非正規を配置する勤務シフトの表で最初から外されているケースもよくあります。逆に、平日の昼にだけ働きたい方との相性が抜群で、色々な幼児の面倒を見る関係から、主婦の姿が目立っている状況です。家庭で育児が一段落したことで、家計を助けるために保育士のアルバイト求人に応募する流れになっています。

応募者自身もその職場を見極める気持ちで

迅速に対応していくためにスタッフが一丸となって協力していくため、活躍しているスタッフの様子もチェックしておきましょう。採用されたら、すぐに先輩や上司として接するのだから、一緒に働きたい人間であることも大切です。応募すると担当者から評価されますが、応募者である自分自身もその職場を見極めるぐらいの考えで臨みましょう。任意の勤務シフトによる仕事では、自分の将来の目標や、現在の本業を優先するのが普通で、自分を犠牲にしてまで合わせるのはあまりお勧めできません。お金を稼ぐだけなら他にいくらでも仕事はあるから、色々な求人と比較した上で決めるべきです。

保育の仕事では、毎日接する子どもの成長がよく分かります。すくすくと育っていく子どもたちを見るのが楽しくて、資格取得をしてから保育のプロになった方も珍しくありません。これからの社会を担っていく子どものためと考えれば、部屋の清掃などの雑務にも大きなやりがいを持てます。忙しくて大変であるのは事実ですが、それを上回る喜びがある仕事です。未経験だけど、ひとまず一通り経験してみたい方には、自分が希望した時間帯で働ける雇用形態が向いています。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.