保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

保育士の転職!パート保育士が転職するときの時給の相場について

投稿日:2017年12月22日 更新日:

保育士は国家資格であり、一生ものの資格ですので年齢や性別を問わずに全国各地でどこでもすぐに即戦力として勤務することができる仕事です。

さらに雇用形態も正社員はもちろん、契約社員や短時間パートなど多岐にわたっており、自分の働きやすい環境で無理なく勤務を続けることができるのもメリットとしてあげられます。

保育士は女性の多い職種でもあり、結婚や妊娠出産といったライフイベント、さらには引っ越しや両親の介護といったライフスタイルの変化が常に起こりやすいのも事実です。

保育従事者として勤務していると誰しも一回は転職を考えたり、ライフスタイルの変化をきっかけにパート雇用になったりすることがあるといえます。子どもが好きで、保育士として好きなことを仕事にできて、なるべく長く働きたいという思いももちろんあると思います。

そこで効率よく自身の環境を変えて、よりよい待遇で働くためにも転職は決して悪いことではなく、むしろ社会に貢献できて無理なく好きな仕事を続けていくための未来を見据えた良い選択であるといえます。

そこで気になるのはやはりパートとして転職するときの時給の相場や待遇についてです。せっかくならばより良い環境や待遇で効率よく働けるのが一番の希望ですよね。

保育士パートの時給は上昇傾向

パート勤務の求人を見ながら転職活動をしていると面談や面接では必ず前の職場での経験や待遇は確認されますが、それはあくまで参考程度で基本的には次の職場である保育施設の規則や勤続年数にのっとった待遇や時給で通されてしまうこともあり得ます。

以前は保育士の立場があまり重視されておらず時給もかなり安価でしたが、現在では待機児童の増加や深刻な保育スタッフ不足の影響もあって保育従事者の立ち位置や価値が見直されてきているので、しっかりと見直して給与を設定しなおしている職場を探すと良いでしょうし、これらの点から今後も手当や時給も上昇が見込めます。

保育士の転職に関しては専門職であり、求人も豊富に出ているためそこまで困難ではなく、相性の良い職場さえ見つけることができれば比較的採用はされやすいのがメリットです。

時給の相場に関しては1000円前後であることが多く、場所や当人のキャリアによってはそこから加算されることが多いです。せっかくのキャリアアップですので前職場でいただいていた時給と経験はしっかりとアピールすることが大切です。

地域性もありますが、最近では時給1,500円以上の保育士求人も見かけるようになってきました。しかし、個人経営の保育施設や地方の保育園の場合、最低時給に設定されていることもまだまだ多いのが現状です。勤務先によっても給与に幅がありますので、どれだけ稼ぎたいのか、また雇用形態や待遇だけでなく職場の規模や雰囲気は自身と合っているのかどうかなどを総合的に判断してみることをおすすめします。さらには残業代がしっかり支給されるのかや、そもそもパートなので残業なく定時で帰れるのかといった面の確認も保育職ならではですが大切です。勤務先によってはパート職員に対しても一定の勤務条件を満たせば有給休暇やミニボーナスのようなものが支給されるところもあります。

保育職専門の転職コンサルタントへ相談

しかし大切なこととはいえ、いきなり面接時からお金の話や給与の交渉なんてしづらいと思う方も多いと思います。

そのような場合には保育職専門の派遣会社や転職エージェントに一度登録をして自分以外の人の力もかりて活動をすると、なかなか自分では発信しづらい雇用条件や待遇に関する要望も代わりに間に入ってくれているスタッフが先方にあらかじめ丁寧に伝えておいてくれるので安心して活動することができます。

また結婚されている保育者の方の場合には扶養に入っているかどうかや税金の問題もありますので自身がどのくらいの頻度で出勤できるのかや、年間のトータルの勤務時間をある程度想定しておく必要もあります。給与との兼ね合いを見ておかないと年度の前半に働き過ぎてしまい、後半はあまり出勤できなくなるというようなことが起こり職場に迷惑をかける可能性も出てくるということをしっかりと認識しておくことが求められます。

保育施設ではパートスタッフの存在も日々の保育をスムーズに進めるためには欠かせない大切な存在です。パート職員の方々の方がキャリアも上で子育て経験が豊富であり、保護者や子どもたちからの信頼も高いといった場合もあるくらいです。

なのでパートだからといって尻込みせずに、保育者としての自覚と自信をもって仕事に取り組むにあたっても満足のいく額の収入を得ることはとても重要なことです。
モチベーションを高めて子どものために毎日笑顔で責任感を強く持って仕事をするためにも、給与の相場やほかのスタッフの待遇を把握しておくことは必要なことです。

可能であれば同業者にこっそり内情を聞いてみたり、事前にママ友から口コミで環境や働きやすさなどを聞いて確認しておくのも良い方法であるといえるでしょう。無理なく働ける環境を見つけるためにも、風通しがよく社員もパートも協力して保育にあたっている保育施設を選ぶと待遇も良く、長く働ける職場となるでしょう。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.