保育士の為のお役立ち情報満載

保育チャンネル

保育

島根の保育士パートの求人事情について

投稿日:2017年12月19日 更新日:

世界遺産の石見銀山遺跡をはじめとして出雲大社などの歴史的で有名な建造物がある島根県ですが、実は全国で人口が少ない県として第2位に位置しています。もっとも人口が少ない県として有名な鳥取県に次いで2位に君臨しているため、山陰地方は田舎だというイメージが一般的となっています。そんな島根県の保育業界事情を紹介していきます。

待機児童はほぼいない

島根県内の保育園数は2016年4月1日現在で289ヶ所というデータが出ています。これは決して少ない数字ではないということもあり、待機児童数も3人と比較的少ない数字を出しています。待機児童に悩む他県に比べれば保育園が充実していると言っても良いでしょう。つまり児童数と保育園数のバランスが取れている地域であると言えます。

保育の仕事というのは子どもが好きだという理由から勤めている人が多いのですが、それだけでは務まらない大変な仕事です。多くの園児たちをしっかりと見てあげる視野の広さ、繊細な子どもたちに間違った言葉遣いや態度を出さない精神力、大切な我が子を預けている保護者とのコミュニケーションをとることができるコミュニケーション能力など非常に人間力が問われる仕事なのです。そんな保育の大変さから理想とのギャップを感じ、また仕事量に見合った待遇を得られないとして保育業界から離れてしまう人も少なくはありません。そのため全国的に保育士の人材不足が深刻化しており、正社員としてだけではなく保育士パートとして補助的な役割を果たす人材も求めています。

保育士として働く場合には有資格者を求めることがほとんどです。幼い子どもを預けるということで、その分神経質になっている保護者も多いからです。そのためきちんとした知識を持った人が必要な業界となります。しかしそれだけに限ってしまっては人材不足を解消することはできません。そのため保育士パートは資格なしでも挑戦することができる場合が多く、子育て経験のあるお母さんや子どもの面倒をみることが好きな方に、担任のサポートとして保育補助をお願いする場合があります。

保育士の求人数は少ない

島根県の保育園の数は多いのに対し、求人を出している保育園は40ヶ所前後でありそれほど多くはありません。なぜそのようなことになってしまうのか、それは入れ替わりが少ないということが理由としてあげられます。保育士の人材不足が深刻化している今日では、保育士の待遇をよくしていこうという動きが強まっています。それは正社員に対してだけではなくパートに対しても同じです。そのため徐々に仕事量に見合った待遇を実感することができるようになり、辞める人が減っていったのです。長期間に安定して働くことができる環境がととのっているというのがこのデータから見ても分かります。また都会ではないからこそのメリットとして車通勤がしやすいという点があげられます。長期間働くのであれば通勤の問題を解決させることはとても重要です。

島根県に限らず、中四国における保育士は正社員雇用がほとんどです。安定した労働環境がととのっているため正社員として数人のスタッフが固定で働いていることが多いのです。つまり短時間だけ補助をするパートを起用している保育園はあまりありません。子どもが好きだから保育園で働きたいものの、短時間または期間限定で働きたいというような人はなかなか求人を見つけられないと頭を悩ませてしまうでしょう。とはいっても決して0ではありません。大きな保育園や産休・育休などで穴があいてしまっている一時期だけを手伝ってほしいという保育園もあります。そういったところを狙えばパートで働くことも可能でしょう。求人が出るのを待っていてもなかなか巡り合うことはできないので、保育士専用の転職サイトなどを利用した方が効率よく求人を見つけることができます。

子育てのしやすさを理由に移住する人も

保育園と園児のバランスがとれず、待機児童に悩む家庭は数多く存在します。そういったことから子育てのしにくさを痛感し、なかなか子どもをつくる気にもなれないという夫婦も多くそれが少子化に拍車をかけています。これは政治的に大きな問題であり、今後の日本を担うであろう若者が減るという危険性も含んでいます。そのため子どもを産みやすい環境や育てやすい環境をととのえるというのはとても大切なことです。都道府県によって人口も面積も大きく異なるため保育事情も大きく変わっていきますが、島根県や鳥取県といった山陰地方は人口が少ないという特徴があるため、子育て支援はしっかりとととのっています。そういったことに魅力を感じて移住を考える人も多く、子どもがほしいけれど将来に不安を抱いている家庭には羨ましいと多くの声が寄せられています。

都会ではないからこそ子どもたちものびのびと育つことができます。自然に触れ、多くの人の温かさを知ることができるという充実した幼少期を送ることができるため保育士を目指す人々からも注目を集めています。パートで働くのは難しいのですが、どうしても保育に携わりたいと思うのであれば根気強く待つことが大切です。

-保育

Copyright© 保育チャンネル , 2019 All Rights Reserved.